自動車保険の相場

2013・10・1 ニュース 「新等級制度」へ移行

当サイトにおいてもお伝えしておりますが、平成25年10月より
従来からの自動車保険の等級制度から「新等級制度」へ移行しました。

 

 

新等級制度で大きく変わることは、
事故を起こした時の、ドライバーの保険料負担が、事故した場合大幅に上がるのです。
自動車保険は、若者のクルマ離れや、高齢者の事故が増えるなど経営が厳しく、
そのため改定なのです。

 

 

経営の厳しさは、損保会社の経営統合にも現れていますね。
平成25年7月にも、AIGジャパン・ホールディングスの子会社
AIU損害保険と富士火災海上保険が平成26年7月以降に合併を発表しました。

 

 

自動車保険の宣伝は、インターネットでもテレビでも行い、安さをアピールしております。
簡単に一括見積などもできることから、損害保険会社は一層競争力とサービスを高めないと
生き残りも厳しくなります。

 

 

そんな中、私達が選ぶのはより安く、サービスがいい損害保険会社を選びが必要です。

 

そして何よりも、

 

事故を起こさないこと、今まで以上に安全運転に徹する必要があります。
それが一番!保険料を安くするための一番の対策になるのでは・・・!
事故を起こすと、保険料が上がりますからね。

 

 

 

新等級制度については、当サイトのこちらを

 

 

 

 

 

 

 

私の後輩が一括見積もりサイトで保険料が半額で大喜び!

私もテレビのCMなどで、通販型の自動車保険を知り興味がありましたが、 そんな変わらないだろうというのが正直な感想でした。

ある日インターネットを閲覧していると、自動車保険の一括見積もりサイトを見つけ、 無料であるということから、申し込むと提示する見積りで安くなってる保険会社がある ではないですか!

さらに詳しく調べ、切り替えることにしました。

このことを
後輩に教えると、その後輩は保険料が半額になったというじゃありませんか!
驚きです。

何人か紹介しましたが、平均1万から2万円安くなったという報告が・・・!

ちなみに私は、3000円程安く・・・!
たったと思われるかもしれませんが、内容が違います。前保険会社では入ってなかった
車両保険に加入(エコノミー+限定A 免責)
さらに特約、2つ付けちゃいました(割引き特約ではないですよ!)


私の車は古い軽自動車、事故もなく最大割引、補償が充実してこの値段、驚きです。
今回の一括見積もりで自動車保険について学んだおかげで、利用したことがない
ロードサービス(JAF)を保険会社のものに見直し!(充実した保険会社を選びました)

総額 7000円ほど安く・・・!
車両保険を付けず前と同じ内容なら見直しで 総額 11000円安くなったことになります。


一括見積もりサービスは「車検証」「免許証」「保険証券」を用意

10分くらいでできます。
一番安い保険料の会社が簡単に見つかります。


保険料が半額になった知人、私が利用したのは「インズウェブ」という一括見積もりはサイトです。


「インズウェブ」で現在加入の保険と他社(最大20社)の保険会社と比較てはいしてみかがでしょうか。

一括見積もりはこちらから ↓ ↓ ↓



自動車保険 見積もり




見積りはもちろん無料!
心配になる勧誘や営業の電話は一切ありません。