自動車保険の相場

車両保険を考える!

自動車保険の加入において一番悩むのは「車両保険」ではないでしょうか!

 

理由としては、「保険料が高いから」「運転する機会が少ない」「車が古くなってきた」
「自分の車は別に」等の理由でしょう。
当然、車両保険に加入しなければ、保険料はかなり安くなりますからね。

 

 

車両保険の加入については「車がななくなるリスク、大きな損害を被っての車の修理代」
を考えるといいでしょう。

 

これは同じ車所有でもをされている方によって、違いがあるでしょう。
車を現金購入された方、車をローンで買われ、支払い中の方、まもなく終わろうとする方!
実にさまざまです。
金額が少ないのであれば、修理代もなんとかなるかもしれませんが、貯蓄に余裕なく、
さらに、フリーローンなど組むとなると生活において深いダメージを与えます。

 

車両保険には補償範囲は下記の表の通り

 

「一般車両保険」 「エコノミー+限定A」
自動車以外の他物との衝突 -
当て逃げ -
転覆・墜落 -
車対車の衝突
火災・爆発
盗難
台風・洪水・高潮
窓カラスの破損・いたずら・落書き

 

 

「一般車両保険」    (オールリスクタイプ、フルカバータイプ)
「エコノミー+限定A」は(エコノミータイプ)
と呼ばれ
「エコノミー+限定A」は「エコノミープラン」と「限定Aプラン」に加入したものになります。

 

上記、車両保険に免責(事故負担)を設けることにより、コストを抑えることができます。
(0万円−10万円 5万円−10万円 10万円−10万)等
他に補償範囲を(車対車)の事故だけに限定することでも、保険料を下げることができます。

 

 

ただ、車両保険は高い方からと拒むのではなく、自分の貯蓄と車両保険のプランを吟味されると
良い見直しができるのではないでしょうか。

 

私の場合は、交通事故を起こした際、少しでも出費を少なくと考え車両保険に加入!
倖い、割引き特約などもありほぼ同金額で加入でき、JAFのロードサービスを見直しました。

 

 

それと、もう一つ車両保険に加入したのは事故を起こした際、軽傷で車の損害も少ないので
あればいいのですが、

 

相手がケガをされた、自分もケガをした、車の損害も!
このような時、様々な手続きなど、特に自分がケガをしていると精神的にストレスになるのではと!
これを少しでも解消できないかと、「車両保険」に加入した理由の1つです。

 

実際、交通事故において加害者、被害者が「自動車の時価」により思ったより修理代がでない、
さらに「過失割合」が・・・!

 

誰しも事故を起こした際は簡単に「保険会社が支払う」
相手の車も保険でと思うはずです。

 

で、話をするうちにスムーズに事が運ばないことが多いようです。
車両保険で交渉が円滑に進むということもあり、事故においての精神的ストレスも1つ解消
という訳です。

 

 

車両保険の加入率は 40%前後と言われています。
自動車保険においても、対人賠償、対物賠償  70%を少し超えるくらいです。

 

単純に3人に一人は自動車保険にすら入っていないということです。
事故の相手が、自動車保険に入っていないということも考えられます。

 

自動車保険について、じっくり考え学んでいく必要があります。
そして何より、安全運転に心がけましょう!

私の後輩が一括見積もりサイトで保険料が半額で大喜び!

私もテレビのCMなどで、通販型の自動車保険を知り興味がありましたが、 そんな変わらないだろうというのが正直な感想でした。

ある日インターネットを閲覧していると、自動車保険の一括見積もりサイトを見つけ、 無料であるということから、申し込むと提示する見積りで安くなってる保険会社がある ではないですか!

さらに詳しく調べ、切り替えることにしました。

このことを
後輩に教えると、その後輩は保険料が半額になったというじゃありませんか!
驚きです。

何人か紹介しましたが、平均1万から2万円安くなったという報告が・・・!

ちなみに私は、3000円程安く・・・!
たったと思われるかもしれませんが、内容が違います。前保険会社では入ってなかった
車両保険に加入(エコノミー+限定A 免責)
さらに特約、2つ付けちゃいました(割引き特約ではないですよ!)


私の車は古い軽自動車、事故もなく最大割引、補償が充実してこの値段、驚きです。
今回の一括見積もりで自動車保険について学んだおかげで、利用したことがない
ロードサービス(JAF)を保険会社のものに見直し!(充実した保険会社を選びました)

総額 7000円ほど安く・・・!
車両保険を付けず前と同じ内容なら見直しで 総額 11000円安くなったことになります。


一括見積もりサービスは「車検証」「免許証」「保険証券」を用意

10分くらいでできます。
一番安い保険料の会社が簡単に見つかります。


保険料が半額になった知人、私が利用したのは「インズウェブ」という一括見積もりはサイトです。


「インズウェブ」で現在加入の保険と他社(最大20社)の保険会社と比較てはいしてみかがでしょうか。

一括見積もりはこちらから ↓ ↓ ↓



自動車保険 見積もり




見積りはもちろん無料!
心配になる勧誘や営業の電話は一切ありません。