自動車保険の相場

対物超過修理費用特約

カテゴリーで「テーマ 3項目」解消するのに選んだ特約が
「対物超過修理費用特約」です。

 

自動車保険の相場を調べなければ、全く知らない特約でした。

 

「対物超過修理費用特約」とは、簡単にいえば、

 

「対物賠償保険で補償されない修理費用など時価額の上限50万円カバーしてくれるもの!」
「えっと」思いました。
対物賠償保険は無制限に入っていて、上限50万円カバーって何???

 

詳しく説明を読むと理解出来ました。
「こんなことがあるんだと」

 

クルマの時価、事故においての過失割合、知っていたことです。
しかし、実際に事故が起こったことを想定していなかったのでしょう。

 

 

改めて、「対物超過修理費用特約」とは、

 

仮に、被害者の車の修理代が、80万円なのに時価額が40万過失割合が80:20だとします。
被害者に支払われる保険金は、32万円ということになります。
残りの48万円は、自腹ということになります。

 

これを上限50万円カバーするというものです。

 

法的には支払わないでもということですが、「法的義務がない」というのを理由に断る事ができますが、
これで被害者が納得するでしょうか?

 

相手が車両保険に入っていれば、自分の車両保険で補填するでしょうが、
車両保険の加入率は 40%前後さて、加入してしているでしょうか?

 

私の必要な保険の見極め「テーマ 3項目」の内の1つ「2.交渉をスムーズに!」
にするための加入です。

 

事故のことを考えると割と有り得る話ではないでしょうか!

 

保険料も等級などにより変わりますが、1000円前後

 

おすすめのありがたい特約といえます。

 

 

 

私の後輩が一括見積もりサイトで保険料が半額で大喜び!

私もテレビのCMなどで、通販型の自動車保険を知り興味がありましたが、 そんな変わらないだろうというのが正直な感想でした。

ある日インターネットを閲覧していると、自動車保険の一括見積もりサイトを見つけ、 無料であるということから、申し込むと提示する見積りで安くなってる保険会社がある ではないですか!

さらに詳しく調べ、切り替えることにしました。

このことを
後輩に教えると、その後輩は保険料が半額になったというじゃありませんか!
驚きです。

何人か紹介しましたが、平均1万から2万円安くなったという報告が・・・!

ちなみに私は、3000円程安く・・・!
たったと思われるかもしれませんが、内容が違います。前保険会社では入ってなかった
車両保険に加入(エコノミー+限定A 免責)
さらに特約、2つ付けちゃいました(割引き特約ではないですよ!)


私の車は古い軽自動車、事故もなく最大割引、補償が充実してこの値段、驚きです。
今回の一括見積もりで自動車保険について学んだおかげで、利用したことがない
ロードサービス(JAF)を保険会社のものに見直し!(充実した保険会社を選びました)

総額 7000円ほど安く・・・!
車両保険を付けず前と同じ内容なら見直しで 総額 11000円安くなったことになります。


一括見積もりサービスは「車検証」「免許証」「保険証券」を用意

10分くらいでできます。
一番安い保険料の会社が簡単に見つかります。


保険料が半額になった知人、私が利用したのは「インズウェブ」という一括見積もりはサイトです。


「インズウェブ」で現在加入の保険と他社(最大20社)の保険会社と比較てはいしてみかがでしょうか。

一括見積もりはこちらから ↓ ↓ ↓



自動車保険 見積もり




見積りはもちろん無料!
心配になる勧誘や営業の電話は一切ありません。