自動車保険の相場

搭乗者傷害補償

「搭乗者傷害補償」は自動車保険のなかの傷害保険になります。

 

「人身傷害補償」が似たような内容で、困惑したり加入に悩まされる保険でもあります。
運転者(及び同乗者)のケガの補償するということにおいては同じですが、支払われる
保険金の内容に大きく違いがあります。

 

「人身傷害補償」は事故においての(治療費・休業損害・慰謝料)の補償がされます。
相手ある事故の場合は、相手の対人賠償保険から補償がありますが、過失割合がある場合
不足分の補償、相手がいない場合も支払われます。

 

同じような保険にとらわれがちですが、「搭乗者傷害補償」「人身傷害補償」は大きな
違いがあるのです。

 

どちらに加入すべきというと「人身傷害補償」になります。
しかし、「搭乗者傷害補償」は相手からの賠償に関係なく保険金が支払られ、入院+通院
は日額計算で定額が早く支払われることや、長期入院においては安心感があります。

 

また、事故においての過失割合にも関係なく支払われ、相手からの対人賠償保険や人身傷害
保険とは別に支払いされます。
使っても等級に影響が出ず、翌年の保険料が値上がりなどを気にすることもありません。

 

支払いの内容については、各保険会社によって違いがありますので確認の必要がああります。

 

 

搭乗者傷害補償の保険金の支払い例

 

 

自動車保険 見積もり

※ 搭乗者保険の保険金は保険会社によって異なりますので必ず保険会社の確認をしてください!

 

「人身傷害補償」を加入を基本とし、「搭乗者傷害補償」を考えるといいと思います。
「搭乗者傷害補償」の保険料は年間、2000〜3000円くらいですが、他の特約などあれもこれもと
重なると高くなるので、総合的な値段を見て考えるべきです。

 

私は、生命保険の加入もありますので「搭乗者傷害補償」には加入していません。
手厚い補償をつけるほど安心で、無駄ではありませんが検討する必要はありますね。

私の後輩が一括見積もりサイトで保険料が半額で大喜び!

私もテレビのCMなどで、通販型の自動車保険を知り興味がありましたが、 そんな変わらないだろうというのが正直な感想でした。

ある日インターネットを閲覧していると、自動車保険の一括見積もりサイトを見つけ、 無料であるということから、申し込むと提示する見積りで安くなってる保険会社がある ではないですか!

さらに詳しく調べ、切り替えることにしました。

このことを
後輩に教えると、その後輩は保険料が半額になったというじゃありませんか!
驚きです。

何人か紹介しましたが、平均1万から2万円安くなったという報告が・・・!

ちなみに私は、3000円程安く・・・!
たったと思われるかもしれませんが、内容が違います。前保険会社では入ってなかった
車両保険に加入(エコノミー+限定A 免責)
さらに特約、2つ付けちゃいました(割引き特約ではないですよ!)


私の車は古い軽自動車、事故もなく最大割引、補償が充実してこの値段、驚きです。
今回の一括見積もりで自動車保険について学んだおかげで、利用したことがない
ロードサービス(JAF)を保険会社のものに見直し!(充実した保険会社を選びました)

総額 7000円ほど安く・・・!
車両保険を付けず前と同じ内容なら見直しで 総額 11000円安くなったことになります。


一括見積もりサービスは「車検証」「免許証」「保険証券」を用意

10分くらいでできます。
一番安い保険料の会社が簡単に見つかります。


保険料が半額になった知人、私が利用したのは「インズウェブ」という一括見積もりはサイトです。


「インズウェブ」で現在加入の保険と他社(最大20社)の保険会社と比較てはいしてみかがでしょうか。

一括見積もりはこちらから ↓ ↓ ↓



自動車保険 見積もり




見積りはもちろん無料!
心配になる勧誘や営業の電話は一切ありません。